東海北陸道の橋脚が日本一の高さに到達…最終的に125mの予定

業界 レスポンス

三井住友建設は、岐阜県郡上市の東海北陸自動車道・鷲見橋工事で、施工中の橋脚が日本一の高さとなる118mに到達したと発表した。

東海北陸自動車道・白鳥IC〜飛騨清見IC間の4車線化する事業の一部区間で、高鷲IC〜荘川IC間に位置する橋が、現在共用中の既存線の118mを上回る125mの高さとし、完成すれば橋脚高さ日本一の道路橋となる。

橋脚の施工では、工場で製作したハーフプレキャスト部材を用いた急速施工方法の「SPER工法」を採用、上部工の施工では張り出し架設時に同社独自の「Rap-Con工法」を採用する。

  • レスポンス編集部
  • 東海北陸自動車道・鷲見橋工事。7月14日に「橋脚高日本一到達式」を開催している。
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ