ミシュラン、営業利益は11.3%増 第2四半期決算

業界 レスポンス

フランスに本社を置くタイヤ製造大手のミシュランは8月3日、2016年上半期(1〜6月)の決算を公表した。

同社の発表によると、上半期のグループ全体の売上高は、102億9200万ユーロ(約1兆1615億円)。前年同期の104億9700万ユーロに対して、2%の減収となった。

一方、上半期の通常業務の営業利益は、14億0500万ユーロ(約1585円)。前年同期の12億6200万ユーロに対して、11.3%の増益を達成している。

乗用車・ライトトラック用タイヤ市場は、市販市場販売が第2四半期に横ばいになったが、当期間中は伸びた。トラック用タイヤ市場はそれには及ばず、鉱山・建設機械用市場はさらに縮小した。

ミシュランのジャン=ドミニク・スナールCEOは、「上半期、ミシュランはタイヤおよびサービスの質の高さ、成長と価格付けの効果的なバランス管理、およびコスト競争力によって力強い業績を上げた。競争の激しい市場環境において、戦略的ビジョンを達成するために策定された4分野、顧客サービスの質の強化、業務活動の効率化、デジタル・ソリューションの展開および社内各チームへの権限付与の強化に、これまで以上に力を注いでいく」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ