新日鉄住金など、3次元熱間曲げ角型鋼管によるフロントピラーを新開発…世界初

業界 レスポンス

新日鉄住金、日鉄住金鋼管、エイチワンの3社は8月4日、3次元熱間曲げ焼入れ(3DQ)角型鋼管による自動車フロントピラーの開発に世界で初めて成功したと発表した。

新開発のフロントピラーは、優れた前方視認性と乗員の安全性に加え、軽量化と1500MPa級の高強度、ボディの骨格部品に求められる高い形状精度を兼ね備えている。

車体の軽量化は、高強度の部材を用いることで実現できるが、フロントピラーは、車の横転や衝突から乗員を保護するために高い強度と、ドライバーが安全に運転できる前方視界の確保が求められている。

3社は、強度確保に有利な閉断面部材(鋼管)で断面積を小さくとることができ、かつ高強度化可能な3DQに着目。車体性能にどのように影響するのか解析・検証を重ね、最小重量で高い乗員保護性能を有しながら、前方視認性に優れるフロントピラーを実現した。

今後は、3DQ技術をフロントピラーだけでなく、バンパービームやセンターピラーなど、ボディ骨格全体にまで拡大し、3DQ技術による部品の採用を自動車メーカーに積極提案していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ