ヤマハ発動機とヤンマーが米国市場のROV事業で提携

業界 レスポンス

ヤマハ発動機は、ヤンマーと米国でROV(レクリエーショナル・オフ・ハイウェイ・ビークル)事業で業務提携することで合意した。

両社は年内に契約を締結し、2016年12月からヤマハROVのマルチパーパスモデル「バイキング」と「バイキングVI」をヤンマーにOEM供給する。ヤンマーは米国での農家向け販売網を活用して2017年1月からROVを販売する。

両社はこれまで、産業用無人ヘリや発電機、除雪機で取引実績がある。ヤマハの技術力・製造ノウハウと、ヤンマーの米国での農家向け販売網を融合することで、拡大する米国ROV市場での販売を拡大する。

米国市場でのROV需要は年々増加傾向にあり、農業や酪農などの業務からレジャーまで幅広い用途で使用されている。

ヤンマーは、米国のROVを含む農業用運搬車両市場に向けて長年ディーゼルエンジンとドライブユニットのみを供給してきたが、今回の業務提携を皮切りにROV製品の販売に参入する。

ヤマハからヤンマーにOEM供給されるこれらROV2機種は、カラーリングやグラフィックなどの外装デザインをヤンマー仕様として一新、ガソリンエンジン搭載の新製品としてヤンマーのブランド、モデル名で販売する。米国ジョージア州にあるヤマハ・モーター・マニュファクチャリング・コーポレーション・オブ・アメリカで生産する。

  • レスポンス編集部
  • ヤンマーブランドで販売する予定のROV製品(6人乗り)《画像 ヤマハ発動機》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ