輸入小型二輪車販売、2カ月連続マイナス…主要モデル不振 7月

モーターサイクル レスポンス

日本自動車輸入組合が発表した7月の輸入小型二輪車新規登録台数は、前年同月比11.3%減の1837台と2カ月連続マイナスとなった。

バイク増税などの影響で主要モデルの販売が不振だった。

ハーレーダビッドソンは同11.3%減の858台だった。シェア2位のBMWは同22.7%減の317台と大幅マイナスとなった。ドゥカティが同18.7%減の279台だった。

トライアンフは同41.7%増の153台と好調だった。KTMも同7.3%増の117台となった。

  • レスポンス編集部
  • BMWモトラッド セレブレーション・エディション
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ