トヨタ 大竹常務、「円高対応で緊急収益改善活動を開始」

業界 レスポンス

トヨタ自動車の大竹哲也常務役員は8月4日に東京本社で開いた決算発表の席上、急速な円高に対応するため、6月下旬から「緊急収益改善活動を始めた」と明らかにした。

6月下旬に英国の国民投票でEU(欧州連合)離脱が決まった直後に、円高が一段と進んだことが契機になったという。大竹常務は、活動では「原価改善や営業面の努力、さらに経費の削減など」に取り組んでいるという。

トヨタは4月から、車種の大きさなどに応じて組織分けした7つのカンパニー制を発足させている。大竹常務は収益改善活動では「各カンパニーのプレジデントが開発から生産まで一体で見ることの効果も、出始めている」と指摘した。

トヨタは同日,、こうした収益改善活動の成果として、新たに2017年3月期の営業利益段階で1150億円の改善(増益効果)を見込んだ。同時に前提の為替レートを円高方向に見直したため、通期の営業利益予想は1000億円下方修正している。収益改善活動がなければ、下方修正幅はさらに1000億円超が加わった勘定だ。

  • 池原照雄
  • トヨタ・プリウス(欧州仕様)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ