トヨタ大竹常務、アメリカで苦戦のプリウス「ガソリン安とトラック系へのシフトが要因」

新車 レスポンス

トヨタ自動車の大竹哲也常務役員は8月4日に都内で開いた決算会見で、アメリカ市場で『プリウス』の販売が苦戦していることについて、ガソリン安に加え、マーケットの構造がトラック・SUV系モデルにシフトしていることが背景にあるとの見方を示した。

大竹常務は「アメリカのマーケットにおいてガソリンの価格の安さがプリウスにとっては若干逆風になっている。さらにアメリカのマーケットの構成自体が、7月をみてみるとトラック・SUVの構成比が61%と、たぶん過去最高の数字だったと思うが、どんどんトラック・SUV系にシフトしていることが要因として考えられる」と述べた。

その一方で「新型プリウスについては、お客様から本当に良い車だというお声を非常にたくさん頂戴している。また、ハイブリッドをお使い頂いていたお客様への販売促進策も含めて、プリウスの拡販をしっかり展開していきたい」とし、巻き返しを図る構えもみせた。

  • 小松哲也
  • トヨタ プリウス 新型(北米仕様)《参考画像》
  • トヨタ自動車 大竹哲也 常務役員《撮影 小松哲也》
  • トヨタ自動車 決算会見《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ