BMW米国販売、4.4%減の2万5000台…X1 は8割増 7月

業界 レスポンス

BMWの米国法人、BMWオブノースアメリカは8月2日、7月の米国新車販売の結果を発表した。BMWブランドは2万5777台を販売。前年同月比は4.4%減と、引き続き落ち込む。

BMWブランドの2万5777台の内訳は、乗用車系が10.1%増の1万9621台と回復。ライトトラック系(SAV=スポーツ・アクティビティ・ビークル)は32.7%減の6156台と、4か月連続のマイナス。

乗用車系では、主力車種の『3シリーズ』が6799台。前年同月比は12%減と、減少が続く。『5シリーズ』は3303台を売り上げ、前年同月比は51.1%増と、3か月ぶりのプラス。『2シリーズ』は前年同月比66.1%増の1708台と、プラスを維持。『7シリーズ』は31.3%増の1203台と、3か月連続の前年超え。

SUVでは主力の『X3』が、前年同月比14.4%増の2678台と、プラスを維持。『X1』も、新型投入の効果で、79.1%増の2130台と、大幅増を保つ。『X6』は3.1%増の405台と回復。一方、『X4』は19.2%減の329台と後退。『X5』も54.4%減の2744台と、マイナスが続く。

BMWブランドの2016年1‐7月米国新車販売は、前年同期比8.8%減の12万4875台。BMWオブノースアメリカのLudwig Willisch社長兼CEOは、「2016年の初頭から、2シリーズ、X1、7シリーズに対する需要が根強い」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • BMW X3
  • BMW 2シリーズクーペ
  • 新型BMW 7シリーズ
  • BMW 5シリーズ
  • BMW 3シリーズ 改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ