クライスラーの主力セダン、200 …年内生産終了が決定

業界 レスポンス

米国の自動車大手、FCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)US。同社が、クライスラーブランドの主力セダンの生産終了の時期を、確定させた。

これは7月26日、FCA USが明らかにしたもの。「クライスラー『200』の米国工場での生産を、2016年12月をもって終了する」と発表している。

FCA USは2016年1月、中期経営計画、「2014‐2018ビジネスプラン」の改訂版を発表。この中で同社は、「クライスラー200の生産を、1年半以内に終了する」と公表していた。

今回、クライスラー200の生産終了の時期が、2016年12月に決定。米国市場ではガソリン価格の下落により、顧客の嗜好がSUVやピックアップトラックにシフトしている。今後、大幅な販売増が見込めないため、中小型セダンのクライスラー200の生産を終了する。

FCAは、クライスラー200を生産している米国ミシガン州スターリングハイツ工場を改修する計画。ピックアップトラックの生産拠点に変更し、需要に応えていく。

  • 森脇稔
  • クライスラー 200
  • クライスラー 200
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ