飲酒運転を阻止しようとした妻を故意にはねる

社会 レスポンス

岐阜県警は1日、飲酒運転を阻止しようとした41歳の女性(妻)をワゴン車ではねたとして、岐阜県大垣市内に在住する38歳の男を殺人未遂の現行犯で逮捕した。女性は軽傷を負っている。

岐阜県警・大垣署によると、逮捕された38歳の男は酒に酔った状態でワゴン車を運転。これを阻止しようと自宅前の路上に寝転がった41歳の女性(妻)と、女性が抱きかかえていた2歳の男児(次男)をクルマで故意にはねた疑いがもたれている。

クルマは女性の体に乗り上げる状態となり、女性は腰などを打撲する軽傷。男児にケガはなかった。近隣住民が警察に通報し、クルマの横に立っていた男を逮捕したという。

男はかなり酔った状態で、聴取に対しては「何も覚えていない」などと供述しているようだ。警察では女性からも事情を聞くとともに、事件発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ