【アバルト124スパイダー】7型ディスプレイに浮かぶのは“マツコネ”とは異なるアバルトのロゴマーク

新車 レスポンス

FCAジャパンが5日に発表したアバルト『124スパイダー』。マツダ『ロードスター』をベースとしているだけに、共通点も少なくない。特にインフォテイメント・システムは『マツダコネクト』をそのまま踏襲。SDカードの追加でナビゲーションが使えるようになるのも同じだ。

発売元のFCAジャパンによれば、「搭載機能はマツダコネクトに準ずるもので、ロータリコマンダーとタッチパネル機能を併用するインターフェイスも同じ。しかし、名称はオリジナルのものを用意する予定」とする。“アバルト”ブランドを名乗るだけに、“マツダ〜”はそのまま使えないということだろう。

車両にはFM/AMチューナー付き7型ディスプレイが標準で搭載され、カーナビゲーションはオプションのナビゲーション用SDカードを追加購入するだけ。これもロードスターと同じ手法だ。「SDカード価格は未定だが、ロードスターで提供されている価格とほぼ同じにする予定でいる」という。ただ、このSDカードは「レザーシート/ナビゲーションパッケージ」(21万6000円)には標準装備される。

エンジンを起動すると、ロードスターとは違って“さそり”を象ったアバルトのロゴマークがまず表示され、その後はお馴染みのマツダコネクトのインターフェイス画面に切り替わる。タテ/ヨコ方向にだけ動くロータリコマンダーの機構もマツダコネクトのままだった。

オーディオシステムはロードスターにも採用されている6スピーカー(ウーファー×2、ツイーター×2、運転席ヘッドレスト×2)を踏襲したが、BOSE仕様の9スピーカーシステムは用意されなかった。また、CD/DVDプレーヤー+フルセグ地上デジタルTVチューナーはオプション扱いだが、「レザーシート/ナビゲーションパッケージ」にはこれもセットで標準装備される。

FCAジャパンによれば、この対応は「グローバルで共通のものということだが、海外ではロードスターの“S”で採用されているモニターレス仕様が用意されている」という。

  • 会田肇
  • 日本市場向けにリリースされるのは“アバルト”版124スパイダー
  • マツダ ロードスターを踏襲する運転席周り
  • 起動後はマツダコネクトでお馴染みのインターフェイスとなる
  • インターフェイスの基本はマツダコネクトと同じロータリ式となる
  • 運転席側にシートには、ヘッドレスト部にスピーカーが組み込まれる
  • アバルト124スパイダー発表会の様子
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ