古河電工、米での価格カルテル集団訴訟が和解へ

業界 レスポンス

古河電気工業は、自動車用ワイヤーハーネス関連製品に関連する米国集団民事訴訟で原告団の一部と和解することで合意したと発表した。

自動車用ワイヤーハーネス関連製品の取引で、価格カルテルを結んでいたとして同社は2011年10月以降、米国で自動車ディーラーとユーザーから損害賠償を求める集団民事訴訟を提起された。

原告と協議してきた結果、5600万ドル(約57億円)を支払うことで、原告の一部と和解することで合意したとしている。

同社では費用については2016年3月期に68億円を引き当て済みとしている。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ