メルセデス、米国新工場の起工式…主力商用車生産へ

業界 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツの商用車部門は7月28日、米国サウスカロライナ州において、新工場の起工式を行った。

この新工場は、サウスカロライナ州チャールストンに、およそ5億ドル(約510億円)を投資して、建設されるもの。メルセデスベンツの主力商用車のひとつ、『スプリンター』の次期モデルを組み立てる。

スプリンターは、最大積載量3.5トンクラスの欧州商用車のベストセラーモデル。2代目に当たる現行型は、2006年に発売された。スプリンターには、バン、ピックアップトラックなど、用途に応じたバリエーションを設定。

メルセデスベンツが米国に新工場を建設するのは、北米を中心としたNAFTA地域で、スプリンターの販売が伸びていることへの対応。スプリンターは、およそ20年間の歴史を持つ。現在では、世界の約130か国で販売。米国はドイツに次いで、世界第2位の販売台数。

そのため、メルセデスベンツは、米国サウスカロライナ州のチャールストンに商用車の新工場を建設。2020年までに開始される次期スプリンターの生産に備える。次期型は、ドイツ2工場と米国1工場の3工場で、組み立てられることに。

メルセデスベンツ商用車部門のヴォルカー・モーンヒンウェグ代表は、「新工場とともに、メルセデスベンツ商用車は北米におけるサクセスストーリーを続けていく」と語っている。

  • 森脇稔
  • サウスカロライナ州のニッキー・ヘイリー知事(向かって左)とメルセデスベンツ商用車部門のヴォルカー・モーンヒンウェグ代表と、礎石。
  • 起工式でスピーチするモーンヒンウェグ代表
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ