MOTUL、超低粘度レーシングオイルを発売…世界唯一のSAE粘度0W8

業界 レスポンス

仏MOTUL社製モーターオイルの日本総輸入販売元であるテクノイル・ジャポンは、自動車用エンジンオイルのフラッグシップモデル「300V Motorsport Line」に新たに「300V SPARK 0W8」を追加し、9月1日(予定)より発売すると発表した。

「0W8」という粘度は、省燃費化の流れに合わせ、SAE(米国自動車技術者協会)が昨年設定。2016年7月現在、「0W8」を正式に指定したエンジン搭載車両は販売されていないほど、時代の最先端を行くものだ。また低粘度設定のため、エンジンの保護性能、オイルの熱に対する耐性、消費量の低減などについて、高い性能を実現できる技術がなければ、300Vのようにモータースポーツに使用されるレベルのオイルを開発することはできない。

MOTULは今回、これまで培ってきたエステルコアテクノロジーを活用し、2016年7月時点で世界唯一のSAE粘度0W8という超低粘度レーシングオイル「300V SPARK 0W8」を開発した。新製品は、F3エンジンで実際に使用されている技術を援用して開発。F3用エンジンを使用した「300V High RPM 0W20」との比較実験にて、最大で0.5%の出力向上が認められた。

2リットルボトルで価格は7200円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • MOTULロゴ
  • エステルコアテクノロジー
  • MOTUL 300V
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ