日産 ブレード グライダー、EVパワートレインは英ウィリアムズ製

エコカー レスポンス

日産自動車が8月4日、ブラジルで初公開したEVスポーツコンセプトカー、『ブレード グライダー』の最新プロトタイプ。EVパワートレインは、英国のウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングが開発した。

F1ウィリアムズの子会社、ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングは2013年6月、日産自動車の高性能車やモータースポーツ活動を手がけるNISMO(ニスモ)と、高性能市販車の開発で協力すると発表。同社は英国に本拠を置き、モータースポーツから得た技術を市販車に生かすエンジニアリング活動を行っている。

日産ブレード グライダーの最新プロトタイプでは、ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングが開発したバッテリーおよびモーター技術を導入。モーターは最大出力268hp、最大トルク72.1kgmを発生。車両重量は1300kg。0‐100km/h加速5秒以下、最高速190km/hの性能を持つ。

5個の電池モジュールから構成する220kWの高性能リチウムイオンバッテリーを搭載。バッテリーとモーター用に特別に開発したクーリングシステムも採用する。

また、被駆動車輪に伝わるトルクをコントロールするためのシステムを搭載。ハンドリングを大幅に向上させた。例えば、アンダーステア時に、より大きいトルクを自動的に外側の駆動輪に送り込み、アンダーステアを抑制。トルク制御だけでなく、運転性能向上のために設計した同システムは、「off」、「agile」、「drift」の3つのモードを用意している。

  • 森脇稔
  • 日産ブレード グライダーの最新プロトタイプ
  • 日産ブレード グライダーの最新プロトタイプ
  • 日産ブレード グライダーの最新プロトタイプ
  • 日産ブレード グライダーの最新プロトタイプ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ