米運輸省、ARC製エアバッグの調査を800万個へ拡大…異常破裂の可能性

業界 レスポンス

タカタ製エアバッグの不具合による大規模なリコール(回収・無償修理)問題。今度は他社のエアバッグにも不具合の可能性があるとして、米当局が本格的な調査に乗り出した。

これは8月4日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「ARCオートモーティブが製造したエアバッグに関して、調査を拡大する」と発表している。

今回の発表は7月、カナダで起きた死亡事故を受けての対応。ヒュンダイ『エラントラ』の2009年モデルが事故の際、運転席エアバッグが異常破裂した可能性があり、ドライバーが死亡した。

米国NHTSAは米国内で起きた2件の事故を受けて、2015年7月から、ARCオートモーティブを調査してきた。2件の事故では乗員が負傷したが、今回のカナダでの事故ではドライバーが死亡したことを重視し、調査を拡大している。

NHTSAは、2004年9月以降に生産されたARCオートモーティブ製エアバックインフレーターおよそ800万個に、調査対象を広げる方針。NHTSAは、「米国ではクライスラー、GM、キア、ヒュンダイの各車に搭載されている」と説明している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ