ルノー、一挙3車種のSUV投入…ブラジル

新車 レスポンス

フランスの自動車大手、ルノーは8月2日、ブラジル市場に新型SUV3車種を投入すると発表した。

これら3車種は、『クウィッド』、『キャプチャー』、新型『コレオス』。ブラジルで人気の『ダスター』に続いて、ルノーはSUVのラインナップ強化に乗り出す。

このうち、クウィッドは、小型のクロスオーバー車として登場。インドなどの新興国をはじめ、世界市場に投入を計画する。車台には、ルノーと日産が共同開発した「CMF-A」を使う。ルノー日産アライアンスで、このCMF-Aを使用するのは、クウィッドが第一号車。

また、新型コレオスは、2世代目モデル。ルノーとしては、最上級のDセグメントに属するSUVとして誕生した。外観は、フロントマスクなどに、ルノーの最新デザイン言語を導入。コの字型に配されたLEDデイタイムランニングライトが特徴的。室内は乗員にとって、快適で広い空間を実現した。

ルノーのカルロス・ゴーンCEOは、「この新型車投入計画により、ブラジルで急成長中のSUVセグメントにおいて、シェア拡大が期待できる」と述べている。

  • 森脇稔
  • ルノー キャプチャー
  • 新型ルノー コレオス
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ