ZF、インドにテクノロジーセンター開設…同社初

業界 レスポンス

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ZF社は8月5日、インドに同社としては初のテクノロジーセンターを開設した。

このテクノロジーセンターは、研究開発のグローバルなネットワークを強化するのが狙い。グローバル、ローカル両面におけるエンジニアリング能力を増強する。同社は2020年までに、エンジニア2500人体制を予定している。

インド初のテクノロジーセンターは、ハイデラバードに開設。現在、ソフトウェアおよび機械工学分野を担当している。この新しいテクノロジーセンターは、ローカル向けの製品開発を促進しつつ、ZFのグローバルな開発チームのサポートを行う。

テクノロジーセンターは、2017年1月1月までに本格的に稼働を開始。ZFはこれまで、インド市場において大規模な投資を行い、さまざまな先端技術を発表してきた。これには、プネーの施設に対する投資、インド初の電動パーキングブレーキ(EPB)技術の発表、およびカーンチープラム地区オラガダムに設立したZFインドとヒーロー・モータース社による投資比率50対50の合弁会社、ZFヒーロー・シャシー・システムズ社などが含まれる。

ZFのシュテファン・ゾンマーCEOは、「この新しい施設は、ZFにとって非常に重要な投資。このテクノロジーセンターを通して、世界的な研究開発力を強化するとともに、急成長を続けるインド市場へのコミットメントと投資を拡大していく」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ