【スマート フォーツー カブリオ ターボ / フォーフォー ターボ】メルセデス基準のスモールカー

新車 レスポンス

メルセデス・ベンツ日本が導入したスマート『フォーフォーターボ』と、限定車の『フォーツーカブリオターボ』。昨年10月の時点ではノンターボモデルのみで、スマートの知名度を上げるためにバリエーションを絞って導入。次のステップとして今回ターボモデルが追加された。

そう話すのは、メルセデス・ベンツ日本マーケティング・コミュニケーション部スマート課マネージャーの坂井正剛さんだ。また、特にフォーフォーターボモデルに関しては、「スポーティな走りと同時に、快適な乗り心地もより楽しめる仕様を導入した」と述べる。

具体的には、本革シートや、パノラミックルーフ、ブラックのホイールやクロームエグゾーストエンドなども装備。「ユーザーがスポーティさだけではなく、上質さも求めるであろうことを想定し、この両方をバランスさせての導入だ」とコメント。なお、これら装備はヨーロッパにある、スポーツパッケージ仕様に準じていることから、パドルシフトやステアリングのデザイン、ペダル類も変更されている。

また、今回メーターナセル上部にコックピットクロック&レブカウンターがターボモデル全車に装着された。「これも市場からの要望が高く、また、ターボエンジンということでスポーティさのアピールもある」と坂井さん。

さて、輸入車Aセグメントは、スマートと共同開発車のルノー『トゥインゴ』が投入され、活性化の兆しを見せている。坂井さんは、「競合が増えることはユーザーにとっても選択肢が増えることにつながり、良いことだ」としたうえで、スマートの強みは「見た目がかわいくておしゃれで個性的だというところだ」と説明。更に、「ただおしゃれなのではなく、このクルマのデザインアイコンにもなっているトリディオンセーフティセルに代表される安心、安全性が、メルセデス基準で作られているところがポイントなのだ」と強調する。

つまり、「メルセデス生まれのという、全てのメルセデス基準がこのスマートにも取り込まれいることがこのモデルの一番の売りだ」と語った。

  • 内田俊一
  • スマート フォーフォー ターボ《撮影 内田俊一》
  • スマート フォーフォー ターボ《撮影 内田俊一》
  • スマート フォーフォー ターボ《撮影 内田俊一》
  • スマート フォーフォー ターボ《撮影 内田俊一》
  • スマート フォーフォー ターボ《撮影 内田俊一》
  • スマート フォーフォー ターボ《撮影 内田俊一》
  • スマート フォーツーカブリオターボリミテッド《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ