歩道内の街路樹に衝突、自転車に乗っていた高校生が死亡

社会 レスポンス

9日午後7時40分ごろ、愛知県名古屋市港区内の市道を走行していた自転車が、歩道内に設置されている街路樹に衝突する事故が起きた。この事故で自転車に乗っていた16歳の男子高校生が死亡している。

愛知県警・港署によると、現場は名古屋市港区正保町付近で片側2車線の直線区間。歩道の幅員は約2mある。自転車は何らかの原因で歩道内に設置されていた街路樹に正面衝突したものとみられる。

歩道上で口から血を流して倒れている若い男性を発見した通行人が警察に通報。男性は近くの病院へ収容されたが、胸部強打による窒息などが原因でまもなく死亡した。後の調べで、同区内に在住する16歳の男子高校生と判明している。

男性が乗る自転車が歩道を走行していたのか、車道側の路肩を走行していたのは判明しておらず、警察では周辺に設置された防犯カメラ映像の分析を進めるとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ