【トヨタ パッソ / ダイハツ ブーン 新型】安心で使いやすい…デザインのコンセプト

新車 レスポンス

トヨタ『パッソ』とダイハツ『ブーン』のデザインコンセプトは、安心で使いやすいデザインであるという。

そう話すのは、ダイハツ工業デザイン室第1デザイン室東京デザインの河合徳明さんだ。「扱いやすいコンパクトサイズのクルマでありながら存在感のあるデザインを求めた」という。また、「標準仕様と、上質感を訴求する仕様のとの、2種類のバリエーションもデザインとしてそれぞれ特徴を持たせている」と話す。

まず安心感とは、「初代から引き継いでいるもの」と河合さん。コンパクトカーでは安全性について不安が出る可能性がある。そこで、コンパクトカーだが居住性がよさそうに見せるために、「キャビンを強調するように、サイドウインドーを取り囲むようなキャラクターラインをデザインした」。通常伸びやかさを強調するのであればフロントからリアフェンダーに抜けるようなキャラクターラインを通すところだが、今回はキャビンを強調したいことから、「Cピラーからルーフ側にまわりこむような形にして、キャビンを包み込むことでの安心感を強調した」と説明。

ただし、上級仕様の『パッソモーダ』と『ブーンシルク』では、安心、安全感とともにスマートさも演出するため、「そのキャラクターラインをフロント側に抜くことによって、フロントに伸びやかさを持たせている」とした。

また、「先代から引き継いだ、タイヤを四隅に配置して、裾広がりの全体デザインにすることや、SUVのアンダーガードのような意匠を前後に採用することよって、先代から踏襲した安心感も演出している」という。

一方、先代のデザインを踏まえ、安心、安全をより重視したところは、「フードをしっかりと分厚くすることで、車両感覚をつかみやすく、見やすく運転しやすくした。空力などでかなり不利にはなるが、それをあえて分厚くすることで、安心感や運転のしやすさを強調している」と語った。

  • 内田俊一
  • ダイハツ ブーンシルク《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ブーンシルク《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ブーンシルク《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ブーンシルク《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ブーンシルク《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ブーンシルク《撮影 内田俊一》
  • ダイハツ ブーンシルク《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ