【パリモーターショー16】インフィニティ、次世代2.0ターボ発表…可変圧縮比

新車 レスポンス

日産自動車が、世界で初めて開発した可変圧縮比のガソリンエンジン。このエンジンが、高級車ブランドのインフィニティに搭載される。

これは8月15日、インフィニティが明らかにしたもの。「VC-T(バリアブル・コンプレッション・ターボチャージド)エンジンを9月29日、フランスで開幕するパリモーターショー16で初公開する」と発表している。

このエンジンの最大の特徴は、走行状態によって、圧縮比を8から14の間で可変させる技術を採用した点。インフィニティは次世代の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボに、このVC-Tを導入する。

インフィニティによると、VC-T付きの2.0リットルガソリンターボは、高出力と燃費を両立。さらにノイズや振動も抑え、軽量コンパクト化も実現しているという。

インフィニティのローランド・クルーガー社長は、「VC-T技術はインフィニティにとって、さらなる一歩となる変化。内燃機関エンジンの効率性を最適化するための、革命的な次なるステップだ」と述べてる。

  • 森脇稔
  • インフィニティの次世代2.0ターボ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ