お盆期間の高速道路11-14日の下り線交通量が2割増…帰省ピーク集中

業界 レスポンス

NEXCO3社と本州四国連絡高速道路、国土交通省道路局は8月17日、お盆期間(8月6〜16日)における高速道路および国道の交通状況(速報値)を発表した。

それによると、全国の高速道路の主な区間の単純平均から算出した、お盆期間中の交通量は4万6800台/日。昨年とほぼ同数だった。ただし、11日が祝日になったことから帰省ピークが集中し、11〜14日の下り線交通量が約2割増加。最大日交通量は4%増の5万7700台/日だった。

高速道路における10km以上の渋滞は472回で、昨年に比べ39回増加した。内30km以上の渋滞は15回増の45回発生した。渋滞の最長は、8月14日17時55分頃、東名高速上り線・大和トンネル付近で交通集中および事故により発生した57.0kmだった。

一方、全国の国道の主な地点の平均交通量は2万9800台/日、観光地周辺の国道は2万6100台/日、ともに昨年とほぼ同じ数字となった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • お盆期間の渋滞回数(10km以上・下り線)
  • お盆期間の交通量(上り線)
  • お盆期間の渋滞回数(10km以上・上り線)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ