訪日外客数229万人と単月過去最高…夏季休暇効果 7月

業界 レスポンス

日本政府観光局が発表した7月の訪日外客数は、前年同月比19.7%増の229万7000人と、単月過去最高となった。

多くの市場で夏期休暇シーズンとなるなど、訪日旅行需要がピークを迎える中、クルーズ船の大幅な寄港増加や航空路線の新規就航・増便などの効果があった。

市場別では、中国と香港が単月として過去最高を記録したほか、加えて英国、ロシアを除く16市場が7月として過去最高となった。中でも中国は、4月から3カ月連続で50万人を超えて好調が続いていたが、さらに、7月にはクルーズ船の寄港数の大幅増による押し上げ効果もあり、全ての市場を通じて単月として初めて70万人を超え、同26.8%増となる73万1000人を記録した。

また、熊本地震の影響が懸念された韓国は、韓国における外国旅行需要全般が好調であることに加え、熊本地震で運休していた仁川=福岡線の再開、新規路線の就航、旅行会社によるセール価格での旅行商品の販売などが奏功し、同30.0%増の44万7000人となった。

一方、7月の出国日本人数は同8.9%増の142万7000人と、2カ月連続で前年を上回った。

  • レスポンス編集部
  • 羽田空港(イメージ)(c) Getty Images
  • 「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」高知港寄港の様子《画像 国土交通省》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ