走りの復活をめざした『R32スカイラインGT-Rの開発』---新訂版を刊行

モータースポーツ レスポンス

走りの追求

『R32スカイラインGT-Rの開発』

増補新訂版

著者:伊藤修令

価格:2000円+税

発行:グランブリ出版

日産の『スカイライン』(R32)は「走りのスカイライン」の復活を目指して開発され、16年ぶりに「GT-R」が復活した。開発の経緯を担当主管の伊藤修令氏自身が語るドキュメントが『R32スカイラインGT-Rの開発』(グランブリ出版)。

2005年の初版に、R32スカイラインの実験担当者で、その後のスカイラインの開発責任者に就任した、渡邉衡三氏の回想記を追加収録した増補新訂版が刊行された。

多くのファンを持つスカイラインの中でも、特に人気のR32スカイラインGT-Rは、どのように開発されたのか。当時の責任者が、日産の総力をあげて取り組んだその様子を語る。

目次

第1章 スカイラインに憧れプリンスで学ぶ

第2章 歴代スカイラインの設計と変遷

第3章 スカイラインの主管として

第4章 R32スカイラインの企画

第5章 R32スカイラインの開発

第6章 R32 GT-Rの開発

第7章 走りの追求とGT-Rのレース活動

終わりに

寄稿 R32スカイライン開発について(渡邉衡三)

創作 GT-X試乗記(ニュルブルクリンクにて)

  • 高木啓
  • R32スカイラインGT-R
  • R32スカイラインGT-R
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ