自動車タイヤ販売、軽自動車向けが24%減…GfKジャパン調べ 7月

業界 レスポンス

GfKジャパンは、2016年7月の自動車タイヤ販売速報を発表した。同データは、全国のカー用品量販店、ガソリンスタンド、インターネットの販売実績を基に市場規模相当に拡大推計したもの。

それによると、今期の夏タイヤ商戦は5月以降前年割れの状況が続いており、7月の自動車タイヤ販売は本数・金額共に前年比7%減となった。中でも軽自動車向け主要サイズの155/65/13は数量前年比24%減と大きく落ち込んだ。155/65/13やコンパクトカー向け主要サイズの175/65/14は6か月連続のマイナスとなっており、これらのサイズでは当面同様の傾向が続くと想定される。

平均価格は155/65/14や155/65/13などの小さいサイズでは前年から上昇したが、よりリム径の大きい195/65/15では低下。主要サイズの中で様相はそれぞれ異なったが、全体としてみると平均価格は前年と同水準となった。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ