VW、独6工場の操業を一時停止…部品供給に問題

業界 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲン。同社のドイツ国内の6工場が、操業を一時的に見合わせることが分かった。

これは8月22日、フォルクスワーゲンが明らかにしたもの。同社は、「一部サプライヤーからの部品供給が滞っているため、ドイツ6工場で操業を見合わせる」と発表している。

稼働を一時的に停めるのは、ヴォルフスブルクの本社工場をはじめ、エムデン、ツヴィッカウ、カッセル、ザルツギッター、ブラウンシュヴァイクの各工場。

このうち、『パサート』を組み立てているエムデン工場は、8月18〜24日まで操業を停止。およそ7500名の従業員に影響が出た。

『ゴルフ』を生産するヴォルフスブルク工場では、8月22〜27日まで操業を停止する予定。およそ1万人の従業員が影響を受ける。

また、ゴルフとパサートを組み立てているツヴィッカウ工場は、8月22〜27日まで操業を停止する予定。およそ6000名の従業員に影響が及ぶことになる。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲンのドイツ・ヴォルフスブルク工場で生産が開始された新型ティグアン(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ