ジャガー・ランドローバー、米国でリコール…タカタ製エアバッグ

業界 レスポンス

英国の高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーは8月上旬、タカタ製のエアバッグに不具合があるとして、米国でリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回のリコールは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)の要請を受けて行うもの。米国の顧客に対して、ディーラーへの入庫を促す案内の配信を開始している。

このリコールは、タカタ製のエアバッグインフレータの不具合が原因。インフレータの中にある火薬(硝酸アンモニウム)が、湿気のある状態で長期間の温度変化にさらされると劣化。事故の際、異常破裂するリスクが高まることが分かったために実施する。

リコールに該当するのは、ジャガーブランドが2009-2011年モデルの『XF』。ランドローバーブランドが2007‐2011年モデルの『レンジローバー』。

ジャガー・ランドローバーは対象車10万8000台のうち、まずはおよそ5万4000台をリコールする計画。同社は、「現行モデルイヤー車は、このリコールに該当しない」と説明している。

  • 森脇稔
  • ランドローバー レンジローバー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ