【リコール】三菱ふそう スーパーグレート、走行不能になるおそれ

業界 レスポンス

三菱ふそうトラック・バスは8月23日、ふそう『スーパーグレート』のオフセットファンシャフトプーリーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、ふそう スーパーグレート1車種で、2011年4月19日から2016年3月8日までに製造された1808台。

大型トラクタの冷却装置にて、ファンシャフトプーリーベアリングの選定が不適切なため、高速走行時にシャフトが傾き、プーリーベアリングの密閉性が低くなることがある。そのため、プーリー内のグリースが漏れ、潤滑不良でベアリングが異常摩耗で焼き付き、最悪の場合、ファンがラジエータに干渉して冷却水が漏れ、走行不能になるおそれがある。

改善措置として、全車両、対策品のベアリングを組込んだファンシャフトプーリーブラケット一式に交換する。 また、ファンベルト、ファン、ラジエータを点検し、今回の不具合による損傷が認められた部品は新品と交換する。

不具合は22件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発覚した。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ