【ペブルビーチ 16】ランボルギーニ センテナリオ にロードスター…クーペと違う内外装

新車 レスポンス

イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニが8月19日、米国カリフォルニア州で初公開した『センテナリオ ロードスター』。同車には、クーペボディとは異なる専用仕上げが施されている。

センテナリオは、ランボルギーニの創業者、フェッルッチョ・ランボルギーニ(1916年生まれ)の生誕100周年を記念する限定モデルとして2016年3月、ジュネーブモーターショー16において、クーペボディを初公開。クーペ20台、ロードスター20台の合計40台が限定生産されるが、全て完売状態にある。

今回、初公開されたセンテナリオ ロードスターのために、ランボルギーニは「Argento Centenario」と命名した専用ボディカラーを開発。特殊なマット仕上げで、曲線のラインを際立たせることを狙った。ランボルギーニによると、豊かで絹のような質感を与えているという。

インテリアには、「Terra di California」と呼ばれる茶色を採用。「Bianco Polar」のレザーインサートを組み合わせる。ヘッドレスト後部のリアパネルに管を通すことで、キャビンからリアのボンネットに空気を流し、室内の空気の乱れを最小限に抑えているのも、ロードスターならではのこだわり。

ランボルギーニは、「このロードスターは、新しいデザイン傾向の反映。フォルムは機能に適応するという洗練されたラインが特徴。ランボルギーニ設計のDNAをしっかり受け継いでいる」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • ランボルギーニ センテナリオ ロードスター(ペブルビーチ16)
  • ランボルギーニ センテナリオ ロードスター(ペブルビーチ16)
  • ランボルギーニ センテナリオ ロードスター
  • ランボルギーニ センテナリオ ロードスター
  • ランボルギーニ センテナリオ ロードスター
  • ランボルギーニ センテナリオ ロードスター
  • ランボルギーニ センテナリオ ロードスター
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ