【新聞ウォッチ】仏ルノーにも排出ガスの不正疑惑が浮上

モータースポーツ レスポンス

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2016年8月24日付

●貸し切りバス安全対策強化、自動ブレーキ大手も補助(読売・2面)

●「コルト」3100台補償対象に追加、三菱自燃費改ざん(読売・8面)

●ルノー排ガス不正疑惑、英紙報道仏政府が公表せず(読売・9面)

●VWの生産停止部品供給再開へ、メーカー側と合意」(朝日・6面)

●ロボット部隊幕開け自動軍用車実践へ、イスラエル「世界初」(毎日・1面)

●自動運転に統一基準、G7協調目指し合意へ(毎日・2面)

●車研究開発費最大、エコ・自動運転7社計2.8兆円、今年度(毎日・6面)

●プロフィア4万台超リコール、日野(産経・24面)

●ホンダHV販売戦略、モーター生産加速(東京・7面)

●ボケGO1カ月、運転中事故79件、摘発は1140件(東京・31面)

●円高再び一時99円台(日経・3面)

ひとくちコメント

仏ルノーにも排出ガスの不正疑惑が浮上したという。英紙フィナンシャル・タイムズは、ルノーが、一部のディーゼル車の窒素酸化物(NOX)の排ガス量を少なく見せかけるため、違法ソフトを使って不正を行っていた可能性があると報じた。

8月23日の一部夕刊に続き、きょうの読売や朝日なども取り上げている。記事によると、ルノー株の20%を保有する筆頭株主の仏政府は、こうした事実を把握しながら、公表していなかったという。企業イメージの悪化を避ける狙いがあったとみられる。

ルノーのスポーツ用多目的車(SUV)『キャプチャー』の浄化装置が、試験の時だけ正常に稼働し、通常の走行時よりも少なく設定、NOXを5倍も浄化できるようにしていた可能性があるとしている。

昨年9月には独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れが発覚し、仏政府は国内外のメーカーを調査し、7月末に報告書を発表した。ただ、報告書にはルノー車のNOXがEUの基準値を9〜11倍上回っていたとしたが、疑惑には触れず、組織的な隠ぺいの疑いも考えられる。

  • 福田俊之
  • ルノー キャプチャー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ