サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

業界 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディが8月17日に発表した革新的なショックアブソーバーシステム、「eROT」。このeROTは、慣性エネルギーを電力に変換する機能も備えている。

eROTは、従来の油圧式ダンパーの代わりに、エレクトロメカニカルロータリーダンパーを使用。水平配置される電気モーターが、ショックアブソーバーの機能を担うシステムとしているのが特徴。

このeROTのもうひとつの重要な機能が、サスペンションが上下動するときの慣性エネルギーを、電力に変換すること。この場合、まずレバーアームがホイールキャリアの動きを吸収。そしてレバーアームから、複数のギアを介してその力を電気モーターに伝えることにより、電力に変換する。

アウディによると、ドイツで行われた公道テストでは、舗装状態の良い高速道路で3ワット、路面の荒れた一般道では613ワット、平均100から150ワットを回生できたという。一般のドライバーが運転した場合、CO2排出量が1km走行あたり、最大3g削減される計算。

新しいeROTテクノロジーは、48ボルトの高圧電源システムを前提にしており、現在実験中の車両は、エネルギー容量0.5kWh、最高出力13kWのリチウムイオンバッテリーを搭載。DCコンバーターにより、48ボルトのサブ電源システムを、高効率・高出力のジェネレーターを含む12ボルトの主電源システムに接続している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ