【インドネシアオートショー16】2輪は脇役でも個性派ブランドが存在感を見せる

モーターサイクル レスポンス

8月11〜21日に開催された、インドネシア国際オートショー2016(GIIAS2016)。以前と比べると国際的イベントとして洗練が進んだ一方で、2輪車の出展規模は大幅に縮小。それでも世界の個性派ブランドが精力的なアピールをしていた。

2輪ブランドの出展がなかったわけではなく、日系4ブランドをはじめドゥカティやBMWなどもブースを構えてはいた。しかし多くはすでに発売中の2016年モデルを並べた程度で、さほどGIIASに注力している様子は感じられなかった。

そんな中、新たにインドネシア市場に参入したことをアピールしたのが、日本の電動2輪メーカーであるテラモーターズ。スクーターの『A2000』とその高性能版『A4000i』、ペダルを持つモペッドタイプの『S750』を展示。「日本のEV」ということを付加価値として訴求した。

インドネシアの電動2輪車は、他のASEAN諸国と同様に安価な中国製品を輸入する業者が多い。しかし同社では、そうした製品と競合する気はないという。「価格競争では中国製品に勝てるはずもない。だから日本のブランドであることをアピールしています」という。

具体的には「日本の感覚で作り込み、すり合わせ、仕上げたことで実現した高い品質を売り物にする」とのこと。まだインドネシア事業は立ち上がったばかりで、今回のGIIASにも生産拠点のあるベトナムから応援スタッフを送っている。「これからじっくりと、日本のブランドだから備わる価値を発信していきたい」とのことだ。

このほか日系ブランドで目立っていたのは、ホンダがインドネシアでは正式発表済みの『CBR250RR』を『RC213V-S』と並べ、スズキがアンダーボーンフレーム・スポーツモデルの新型『サトリア F150』を展示したこと。海外ブランドでは、ロイヤルエンフィールドが今春に発売したばかりの『ヒマラヤン』をインドネシアプレミア。新開発の411cc単気筒エンジンを搭載したデュアルパーパスモデルだ。

サイドカーのウラルはインドネシア法人を持たないが、さまざまなブランドの代理店を務めるホビーモーター・インドネシアがブースを展開。今後はこうした趣味性の高い、マニアックな大排気量モデルの市場も拡大すると予測しているようだ。

  • 古庄 速人
  • テラモーターズ S750《撮影 古庄速人》
  • テラモーターズ A2000《撮影 古庄速人》
  • テラモーターズのブース全景《撮影 古庄速人》
  • ホンダ CBR250RR《撮影 古庄速人》
  • ホンダ CBR250RR《撮影 古庄速人》
  • RC213V-Sと並ぶCBR250RR《撮影 古庄速人》
  • スズキ SATRIA F150《撮影 古庄速人》
  • スズキ SATRIA F150《撮影 古庄速人》
  • ロイヤルエンフィールド HIMALAYAN《撮影 古庄速人》
  • ロイヤルエンフィールド HIMALAYAN《撮影 古庄速人》
  • ロイヤルエンフィールド HIMALAYAN《撮影 古庄速人》
  • ロイヤルエンフィールド HIMALAYAN《撮影 古庄速人》
  • ロイヤルエンフィールド HIMALAYAN《撮影 古庄速人》
  • ウラルブース全景《撮影 古庄速人》
  • ウラル M70《撮影 古庄速人》
  • ウラル M70《撮影 古庄速人》
  • ウラル M70《撮影 古庄速人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ