True Zero、燃料電池車100万マイル分の水素供給を達成

業界 レスポンス

小売り水素供給ステーションの世界最大手ネットワークを運営するTrue Zeroは、燃料電池車によるゼロ排出距離数が100万マイルを超えたと発表した。

True Zeroのネットワークは消費者向けにオープンして以来、6300台余りの車両に1万5900キログラム以上の水素を供給してきた。これはTrue Zeroの供給を受けた燃料電気車が、100万マイル以上走ったことを意味する。

True Zeroは9カ月前に最初の水素ステーションを開設したばかりで、今回の成果は最近数カ月のカリフォルニア州道路で燃料電池車が急増していることを示すとしている。

100万マイルの達成は、トヨタ、ホンダ、現代、メルセデスベンツなど、自動車メーカー各社が燃料電池車の開発を拡充しているため。トヨタは、水素供給ネットワークの進展に伴い、カリフォルニア州で燃料電池車『MIRAI』の販売を拡大してきた。ホンダは今年初め日本で市販を始めた後、今秋、同州で『クラリティ・フューエルセル』の販売を開始する。

True Zeroは2015年11月から2016年5月の間、カリフォルニア州内に15の水素ステーションを設置した。このうち、14ステーションが小売りの燃料供給用に開放されている。True Zeroの水素供給ステーションのネットワークは、タホ湖からサンフランシスコ地域を通り、サンタバーバラ、ロサンゼルス、オレンジ郡に下っている。

また、True Zeroでは、サンディエゴでもステーション建設に着手しており、ネットワークを広げる。Lindeもサクラメントで小売り水素供給ステーションを運営している。

True Zero水素ネットワークの第1段階は、カリフォルニア州エネルギー委員会からの資金提供とともにトヨタ、ホンダ、サウスコーストAQMD(大気品質管理区域)とベイエリアAQMDの追加資金提供の結果として開発された。

  • レスポンス編集部
  • True Zeroの水素ステーション
  • True Zeroの水素ステーション
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ