飲酒運転のクルマが2件の追突事故、33歳の男を逮捕

社会 レスポンス

福岡県警は21日、福岡県北九州市八幡西区内で軽乗用車を飲酒運転し、2件の衝突事故を起こしたとして、同区内に在住する33歳の男を道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕した。一連の事故では1人が負傷している。

福岡県警・八幡西署によると、酒気帯び運転の現行犯で逮捕された男は、北九州市八幡西区的場町付近の国道200号(片側2車線の直線区間)と、八幡西区下上津役付近の市道(片側1車線)の直線区間で、乗用車を飲酒運転した際に前走車へ追突する事故を起こした疑いがもたれている。

最初に起きた的場町付近での追突被害者が打撲などの軽傷を負ったが、現場から逃走する男のクルマを追走。直後に下上津役付近での事故も起こした。通報を受けて駆けつけた同署員が男の呼気にアルコール分が含まれていることを確認し、逮捕した。

聴取に対して男は「飲酒運転の発覚を恐れて逃げた」などと供述しており、警察では飲酒した場所や量の特定を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ