【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

新車 レスポンス

ホンダは8月25日、スポーツカー『NSX』の日本での受注を開始した。3.5リットルV型6気筒ツインターボエンジンに3モーターを組み合わせたハイブリッドカーで、開発責任者のホンダR&Dアメリカのテッド・クラウス氏は「競合車はない。これははっきりしている」と言い切る。

クラウス氏は「NSXは電動化技術を導入したスポーツカーになる。電動化技術を使ったスポーツカーは他にもあるが、NSXに関しては新しい価値を提供し、それに技術を載せた車だと考えている。技術のための技術のための技術を載せているのではなく、ドライビング・エクスペリエンスを実現するための技術を搭載したスポーツカーである」と説明。

具体的には「エンジンとモーターそして加速、ブレーキ、ステアリングを統合的に制御しているのはNSXだけ。マクラーレンやポルシェ『918』にも電動技術が一部採用されているものの、それらは独立して作動しており、NSXのようにフロントとリアの駆動をバランス良くコントロールしているものではない」と指摘した。

またNSXのユーザーに関しては「特定することは大変難しい」とした上で、「タイプとしては4〜5種類あると思うが、その中心となるのが、まず技術に興味がある人。それから何か特別な製品を買って、実際にそれを買うだけではなくて、運転したいと思う人。さらに先進的なプログレッシブな考え方を持っている人」と話した。

新型NSXの日本での価格は2370万円となっている。

  • 小松哲也
  • ホンダR&Dアメリカ テッド・クラウス 氏《撮影 小松哲也》
  • ホンダ NSX 新型《撮影 吉田凌》
  • ホンダR&Dアメリカ テッド・クラウス 氏《撮影 小松哲也》
  • ホンダ NSX 新型発表(東京ビッグサイト)《撮影 高木啓》
  • ホンダ NSX 新型発表(東京ビッグサイト)《撮影 高木啓》
  • クラウス氏と八郷社長《撮影 高木啓》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ