【ホンダ NSX 新型】寺谷日本本部長「9月上旬までに200台の受注」

新車 レスポンス

ホンダの国内営業部門を担当する寺谷公良執行役員(日本本部長)は8月25日、都内で開いた新型『NSX』の発表会場で、日本の受注はまず、同日から9月上旬まで200台の枠で行うと明らかにした。

日本の販売計画は納車が始まる2017年2月下旬から、初年度で100台と公表されており、まず、2年分の受注を受け付けることになる。ホンダは系列四輪販売店のうち、訓練を受けた整備士や一定の設備がある127店を「NSX パフォーマンスディーラー」と認定しており、ここで受注する。

寺谷氏は、9月上旬までの間に200台の枠は「おおむね一杯になるだろう」との見通しを示した。同氏によると米国での専門工場での生産は「1日5台から8台」という。そのなかでの日本の割り当てなので、枠を増やすのは容易ではなく、購入希望者には「狭き門」となりそうだ。

  • 池原照雄
  • ホンダ NSX
  • ホンダ NSX 新型発表(八郷社長)《撮影 高木啓》
  • ホンダ NSX 新型発表(東京ビッグサイト)《撮影 高木啓》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ