三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

エコカー レスポンス

三菱自動車は8月24日、オーストラリアの南オーストラリア州の電動車普及に協力していくと発表した。

これは、同社の益子修会長兼社長CEOが、南オーストラリア州の州知事を表敬訪問した際、明らかにしたもの。同CEOは同州のカンガルー島にも足を運び、電動車の普及とインフラ整備について協力していくことを伝えている。

南オーストラリア州は、「カーボン・ニュートラル・シティ」として2050年までに州内の排出ガスを実質ゼロにすることを目指す。この施策の一つに低排出ガス車の普及がある。今後3年間で公用車の30%にあたる約2000台を、電気自動車やプラグインハイブリッド車(PHV)など、電動車を含む低排出ガス車に移行する計画。

また、同州のカンガルー島は、オーストラリア固有の野生動物が多く生息することで知られ、年間20万人以上の観光客が訪れるオーストラリアで4番目に人気のある観光地。同島では州政府の方針のもと、エコツーリズムプログラムの一環として、三菱自動車のPHVの『アウトランダーPHEV』を観光客に貸し出しており、今後も電動車を活用していく。

益子修会長兼社長CEOは今回の表敬訪問において、「南オーストラリア州のカーボン・ニュートラル・シティへの取り組みやカンガルー島のエコツーリズムの活動に賛同する。三菱自動車は南オーストラリア州とカンガルー島の施策に対し、EVやPHVの電動車普及や、そのための急速充電器設置といったインフラ整備を通じ協力していく」と語っている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ