ZF、ヴェンチュリー フォーミュラEチームとテクニカルパートナーシップを締結

モータースポーツ レスポンス

ZFは8月24日、ヴェンチュリー・フォーミュラEチームと長期的な技術提携を締結。2016/17シーズンの開始より、サスペンションシステム技術やコンポーネント、シミュレーションやテストのための装置、その他の技術的な支援を提供する。

パートナーシップの主な目的は、電気モーター、インバーター、トランスミッションを一体化する新ドライブラインの設計および開発。FIAが定めるフォーミュラE第5シーズンの技術規定では、ドライバー1人につきマシンの使用は1台のみとなっている。この課題に対応するため、ZFは、ヴェンチュリー・フォーミュラEチームと協力し、パワートレインおよびサスペンションシステムを設計・開発する。

10月に開幕する第3シーズンの期間中、ヴェンチュリーは、ZFレーシングエンジニア(ZRE)が特別に開発した高性能ショックアブソーバを搭載したマシンで参戦。第4シーズンに向け、現在のマシンに搭載されているトランスミッションを再設計し、さらなる最適化を行う予定だ。

また、既に開発が始まっている新ドライブラインには、パワーエレクトロニクスや新規トランスミッションを含め、最先端の電気モーターが組み込まれる予定。新ドライブラインは、ヴェンチュリー・レーシングカーの根幹を担う部分としてフォーミュラEの第4シーズン中にテストを行い、2018年第4四半期に開幕する第5シーズンに参戦する予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ヴェンチュリー フォーミュラEチーム
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ