【SUPER GT 第6戦】GT300決勝…スバルBRZの井口卓人&山内英輝が今季初優勝を飾る

モータースポーツ レスポンス

28日に決勝レースが行なわれたSUPER GT第6戦「鈴鹿1000km」、GT300クラスではスバルBRZの井口卓人&山内英輝が今季初優勝を飾った。井口&山内は3戦連続の表彰台獲得で、シリーズランキングでも首位に浮上している。

長い1000kmバトル、予選4位スタートの#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人&山内英輝/ダンロップ=DL)はレース序盤のうちに他車に押されるかたちでスピンを喫し、この不運には井口も「1000kmが終わってしまうかな、とあきらめかけました」と振り返る。

しかし、「クルマには問題なかったですし、そのあともいいペースで走れました。チームもドライバーもノーミスで戦ったことで、この結果が得られたと思います」と井口。

レース途中、#61 BRZはリヤのみ2輪交換という作戦も使ったが、その時に井口からステアリングを受け継いだ山内が優勝会見で「井口選手がフロントタイヤ(の性能)をしっかり残しておいてくれたので、こういう戦略も採れたんだと思います」と語ると、井口が「残したつもりはないんですけど」と笑いを誘うなど、チームワークの良さも光る勝利だった。

レギュレーション的な部分の動向も含め、ラクではない戦いが続いていた人気国産車BRZだが、スバルのGT300マシンにとって夏の鈴鹿長距離戦は元来、得意レース。2010〜13年には4年で3勝した実績もあり、13年はBRZでの勝利、井口は当時も優勝クルーだった。一気にタイトル戦線でも首位に浮上、BRZの残りレースでの活躍が一層楽しみになってきた。

GT300クラスの決勝2〜6位は以下の通り。ポール発進の#18 UPGARAGE BANDOH 86は4位だった。エントリー29台中、25台が完走に漕ぎ着けている(GT500クラスが1000km走破時点でレース終了、GT300では上位4台が161周=約935kmを走破した)。

2位 #31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀&中山雄一/ブリヂストン=BS)

3位 #0 GAINER TANAX GT-R(A.クート&富田竜一郎/DL)

4位 #18 UPGARAGE BANDOH 86(中山友貴&山田真之亮/ヨコハマ=YH)

5位 #4 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝&片岡龍也/YH)

6位 #21 Hitotsuyama Audi R8 LMS(R.ライアン&藤井誠暢/DL)

シリーズはこのあと第7戦タイ(10月8〜9日)への遠征を挟み、11月11〜13日のツインリンクもてぎ最終2連戦(中止された九州オートポリスでの第3戦代替レースと第8戦)で終幕する。残り3レース、激戦続くGT300からも目が離せない展開となりそうだ。

  • 遠藤俊幸
  • GT300クラス優勝の#61 BRZ。撮影:益田和久
  • ゴール後、勝利を喜ぶ#61 BRZの井口。撮影:益田和久
  • 優勝の#61 BRZ、井口(左)と山内。撮影:益田和久
  • GT300クラスの表彰式。撮影:益田和久
  • GT300クラスのスタート。撮影:益田和久
  • GT300クラスで優勝する#61 BRZ。撮影:遠藤俊幸
  • GT300クラス2位となる#31 プリウス。撮影:遠藤俊幸
  • 決勝2位の#31 プリウス。撮影:益田和久
  • 決勝3位の#0 GT-R。撮影:益田和久
  • ポール発進の#18 UPGARAGE BANDOH 86は決勝4位。撮影:益田和久
  • 決勝5位の#4 メルセデス。撮影:益田和久
  • 決勝6位の#21 アウディ。撮影:益田和久
  • 決勝7位の#33 ポルシェ。撮影:益田和久
  • 時折、雨も絡む展開のなか、決勝日は34,000人の観衆が熱戦を見守った。撮影:益田和久
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ