ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位 7月

業界 レスポンス

ドイツの高級車、アウディ、メルセデスベンツ、BMW。3ブランドの7月の中国新車販売の結果が出そろい、アウディが首位を守った。

アウディの中国における7月の新車販売台数は、4万6454台。前年同月比は9.9%増と、7か月連続で前年実績を上回った。販売の主力は、中国吉林省のフォルクスワーゲングループの長春工場で現地生産される『A6L』、『A4L』、『Q5』、『Q3』の4車種。なおA6LとA4Lは、中国専用のロングホイールベース仕様。

7月の販売実績では、SUVが好調だった。Q3、Q5、『Q7』の3車種合計で、前年同期比は20.5%増と伸びた。またアウディは2014年夏から、広東省の仏山新工場において、『A3セダン』の現地生産を開始。このA3セダンも、7月の販売増に貢献した。

メルセデスベンツの7月の中国における新車販売台数は、3万7277台。前年同月比は26.2%増と大きく伸び、41か月連続で前年実績を上回った。

メルセデスベンツを擁するダイムラーは、北京汽車との間で、中国合弁会社の北京ベンツを設立。2006年からメルセデスベンツ『Eクラス』を、2008年から『Cクラス』を現地生産している。また、2010年5月には、中国専用のロングホイールベース車、『EクラスL』を生産開始。2011年12月からは、『GLK』が現地生産車に加わった。さらに2015年11月からは、GLK後継車の『GLC』の現地生産を開始。

メルセデスベンツの7月の中国新車販売では、セダン系とSUVともに、販売が好調。また。4月下旬に開催された北京モーターショー16では、新型EクラスLを発表しており、今後の販売増が見込まれる。

BMWグループ(MINIを含む)の7月中国販売台数はおよそ4万0200台。前年同月比は19%増と、3か月連続で前年実績を上回った。BMWグループは、中国パートナーの華晨中国汽車(ブリリアンス)との間で合弁会社を設立。『3シリーズ』と『5シリーズ』、『X1』を現地生産している。さらに新たに3車種を、現地生産する計画。

7月の中国高級車市場において、ドイツ3ブランドでは、アウディが引き続き首位。中国で早期に高級車ブランドとして認知された強みを発揮している。

  • 森脇稔
  • 新型BMW 3シリーズセダンのロングホイールベース仕様
  • 新型メルセデスベンツ Cクラス ロングホイールベース(北京モーターショー14)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ