【レヴォーグ STIスポーツ】スポーティネスと質感の両方を表現

新車 レスポンス

スバル『レヴォーグSTIスポーツ』はレヴォーグの最上級グレードに位置し、その走りはスポーティでありながらしなやかさも持ち合わせたもので、デザインもそれに合わせ変更されているという。

そう話すのは、スバル商品企画本部デザイン部主査の中村真一さんだ。「乗り味をフロントフェイスのエッセンスとして取り込み、総和として機能と走りの味がデザイン表現されている」という。

スバルでは、レヴォーグSTIスポーツを発売するにあたり、事前にオートサロン2016にプロトタイプを出展し一般ユーザーの意見を集めた。「STIスポーツに“なぜ?”というユーザーが多くいると考えた。それに対して誠意をもって応えられるデザインになっているかを確認したかった。その感触を得たことで発売につながった」と述べる。

レヴォーグSTIスポーツのポジショニングを考えるにあたり、「スポーツ軸と質感軸がある」と中村さん。

「ノーマルのフロントフェイスで象徴的なのは、ロアグリルとフォグ周りを独立させ、ロアグリルがハの字と逆ハの字になっていることだ」。そしてフロントフェイスのイメージは、スポーツ軸において「STIの性能“感”をより強調するためにロアグリルを主張させる方向」。

いっぽうSTIスポーツは質感軸で主張する方向なので、「ロアグリルと縦基調のカバーフォグをつなぎ、ワイドさ、スポーティさを表現しながらも、グリルやメッキを使い質感を表現している」と説明。

具体的には、グリル内に横3本のバーが入り、そのフレームもノーマルより細くすることで、違うテイストに仕上げられ、「より上質な金属の見せ方にしている」と話す。そのほか、フロントスボイラーにメッキのバーを入れ、「それも低いところにマウントすることで、地を這うような表現にしている」と語った。

  • 内田俊一
  • スバル レヴォーグ STIスポーツ《撮影 内田俊一》
  • スバル レヴォーグ STIスポーツ《撮影 内田俊一》
  • スバル レヴォーグ STIスポーツ《撮影 内田俊一》
  • スバル レヴォーグ STIスポーツ《撮影 内田俊一》
  • スバル レヴォーグ STIスポーツ《撮影 内田俊一》
  • スバル レヴォーグ STIスポーツ《撮影 内田俊一》
  • スバル レヴォーグ STIスポーツ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ