トヨタL&F、10〜23トン積ディーゼルフォークリフトを発売…最新排出ガス規制適合

業界 レスポンス

豊田自動織機・トヨタL&Fカンパニーは、最新の排出ガス規制「国内特定特殊自動車排出ガス2014年基準」に適合した10〜23トン積ディーゼルエンジンフォークリフトを8月30日より発売した。

新製品の発売で同社は、業界で初めて2014年基準に適合したディーゼルエンジンフォークリフトを1.5〜24トンまで全車種揃えたこととなる。

物流コスト低減のニーズや世界的な環境意識の高まりを背景に、自動車だけでなくフォークリフトにも、燃費向上および地球温暖化ガスの排出低減が求められている。また、先進国を中心に年々強化されているフォークリフト等産業車両に対する排出ガス規制への適合等、将来を見据えた環境問題への取り組みも課題となっている。

今回発売する10〜23トン積ディーゼルエンジンフォークリフトは、新クリーンエンジンを採用し、現行の「力強さ」と「使いやすさ」はそのままに、クリーンかつ低燃費を実現。また、排出ガス後処理装置として連続再生式DPFと尿素SCRを採用し、PMやNOx等の環境負荷物質を大幅に削減している。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ