【モスクワモーターショー16】ラーダ XRAY に「スポーツ」…エンジンと足回り強化

新車 レスポンス

ロシア自動車最大手、アフトワズの「ラーダ」ブランドは8月24日、ロシアで開幕したモスクワモーターショー16において、『XRAY スポーツコンセプト』を初公開した。

同車は、ラーダブランドのSUV、『XRAY』をベースに開発されたコンセプトカー。XRAYは新型のコンパクトSUVとして、ロシア市場に投入されている。

XRAY スポーツコンセプトでは、市販車のXRAYに対して、強化したエンジンを搭載。1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、吸排気系を中心にチューニング。最大出力は122hpから150hpへと28hp引き上げられた。

サスペンションも引き締められ、車高もダウン。赤いアクセントが特徴のフロントバンパーをはじめ、大径タイヤ&ホイールも装着される。

ラーダは、「市販車の『Kalina』や『Granta』同様、ラーダのスポーツバージョンの共通戦略から生まれた」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ