エヴァンゲリオン レーシング、仏ボルドール24時間耐久に初号機で参戦

モータースポーツ レスポンス

ラナ エンタテインメントは、9月17日から18日にフランス ポールリカールサーキットで開催される、世界耐久選手権シリーズ ボルドール24時間耐久ロードレースに、「エヴァンゲリオン レーシング」がスポット参戦すると発表した。

エヴァンゲリオン レーシングは、アニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」とのプロモーションタイアップにより、トリックスターレーシングとタッグを組み結成。2010年から鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦し、7度目の挑戦となった今年は7位という好成績を収めた。

既にトリックスターレーシングは、2016/2017世界耐久選手権シリーズにフル参戦することを発表しているが、その開幕戦にあたる「ボルドール24時間耐久ロードレース」にエヴァンゲリオン初号機カラーのマシン「エヴァRT初号機TRICK STAR」として参戦する。

車両はカワサキ ZX-10R 2016年モデル。チームを率いるのは鶴田竜二監督。ライダーは出口修選手、井筒仁康選手、エルワン・ニゴン選手の3名のライダーを起用し、2015年・2016年の鈴鹿8時間耐久ロードレースと同じ布陣で挑む。さらにレースクイーン、綾波レイ役の引地裕美さんも現地に駆けつける。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • エヴァRT初号機TRICK STAR(C)khara
  • 出口修選手(C)khara
  • エルワン・ニゴン選手(C)khara
  • 井筒仁康選手(C)khara
  • 鶴田竜二監督(C)khara
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ