ZMP、車載開発向けプラットフォーム DRIVE PX2 の取扱開始…周囲の状況を把握

テクノロジー レスポンス

ZMPは8月31日、NVIDIA社の最新のGPUアーキテクチャを搭載した車載開発向けプラットフォーム「DRIVE PX2」の取り扱いを開始した。

DRIVE PX2は、NVIDIA社の最新モバイルプロセッサ「Parker」をベースとしたGPU搭載のTegraを2基、「Pascal」アーキテクチャをベースとしたGPUを2基搭載した車載向けプラットフォーム。12個のカメラ、LIDAR、レーダ、超音波センサなどの処理が可能だ。

建機・農機・物流機械・移動ロボットなどの自動走行や走行支援のためには、様々なセンサを組み合わせ、走行時に周囲の状況を把握する必要がある。ZMPでは、このようなニーズを持つユーザーへ、例えば同社のステレオカメラ RoboVision2 と DRIVE PX2 を組み合わせ、周辺環境を認識するシステムの提案を開始する。

DRIVE PX2 および RoboVision2 については、8月31日から9月2日にベルサール六本木で開催される「ZMP フォーラム2016」にて紹介する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ZMP RoboVision 2
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ