【モスクワモーターショー16】ラーダの主力セダン、 ベスタ にリムジン…200mm長い

新車 レスポンス

ロシア自動車最大手、アフトワズの「ラーダ」ブランドは8月24日、ロシアで開幕したモスクワモーターショー16において、『ベスタ シグネチャー』を初公開した。

『ベスタ』は2014年8月、モスクワモーターショー14において、プロトタイプ車を初公開。新型の4ドアセダンで、アフトワズとルノー日産によって共同開発。2015年末、ロシアのB/Cセグメントに投入された。

モスクワモーターショー16で初公開されたベスタ シグネチャーは、ベスタのリムジン。ホイールベースを200mm延長し、後席乗員の居住性を引き上げている。

外観は、サイドドアの下部にメッキのアクセントを追加。ロングホイールベース車であることを示した。室内は、後席を3名がけのベンチシートから、独立2座に変更。専用のアームレストが付く。

ラーダは、「オプションで、ハイエンドのマルチメディアシステムなど、カスタマイズが可能」と説明している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ