ジャガー・ランドローバー世界販売、16%増 四半期の新記録

業界 レスポンス

英国の高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーは8月26日、2016年4〜6月期の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は、四半期の新記録となる13万2700台。前年同期比は16%増と伸びた。

13万2700台の内訳は、ジャガーが3万1800台を売り上げ、前年同期比は76%の大幅増。2015年5月に欧州で発売した新型スポーツセダンの『XE』をはじめ、新型SUVの『F-PACE』が販売増に貢献した。

また、ランドローバーの4‐6月実績は、四半期としては初の10万台超えとなる10万0900台。前年同期比は4%増だった。2015年9月に投入した『ディスカバリースポーツ』が、引き続き支持を集める。

ジャガーでは、F-PACEが、ジャガー史上最速で販売台数を伸ばす。ランドローバーでは、世界で最も機能的かつオールシーズン対応のオープン、『レンジローバー イヴォークコンバーチブル』が好調。

ジャガー・ランドローバーのラルフ・スペッツCEOは、「四半期の販売実績は、米国におけるジャガーXEのように、新型車が顧客に好意的に受け入れられたことの反映。すべての主要市場において販売台数は増加しており、高い収益性を維持している」と語っている。

  • 森脇稔
  • ジャガー F-PACE
  • ランドローバー ディスカバリースポーツ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ