高速バス、車載器とビッグデータで運行管理へ…WILLER EXPRESS

業界 レスポンス

1日20路線230便を運行する高速バス WILLER EXPRESS は、運転士用眠気検知器、ネットワーク型車載デジタコ、衝突被害軽減ブレーキ、天気情報高度連携などを組み合わせ、リアルタイム運行情報をビッグデータとして活用。トラブル未然防止やダイヤ設定に活かしていく。

運転士用眠気検知器は、眠気検知ウェアラブルセンサー「FEELythm」を採用。運転士自身が気付かない眠気の予兆をセンサーが検知し、本人に警告し眠気を自覚させる。また、眠気を検知した場合、遠隔の運行管理者にその情報がリアルタイムで伝わり、管理者はその運転士に対し休憩指示などを出す。

また、ネットワーク型車載デジタコは、ドラレコ搭載モデルを10月末までに全車両に導入予定。この車載器は、車両の速度、急ブレーキ、急加速などの情報を収集するほか、運転士の眠気を検知した位置情報などもデータ化される。

この眠気検知デバイスとドラレコ搭載デジタコを組み合わせ、車両の高度な動態管理を実現。リアルタイムに集まる情報をビッグデータ活用し、急ブレーキの多発するポイントなどを自動抽出。乗務員全員に情報を共有させ、トラブル未然防止へとつなぐ。

さらに、運行中のバスから次々と集まる情報から、今後のダイヤ設定やルート更新、休憩ポイント変更などに役立てる。

同社は、保有する約200台のバスに、衝突被害軽減ブレーキ(PCS)の導入もすすめている。こちらは2017年末までに全車に載せるという。

  • 大野雅人
  • ウィラーの夜行高速バス(資料画像)《撮影 大野雅人(Gazin Airlines)》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ