BMW 2シリーズ カブリオレ、新開発の2リットルエンジンを搭載

新車 レスポンス

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、コンパクトオープンモデル『2シリーズ カブリオレ』に、新世代4気筒ガソリン・エンジンを新たに搭載し、9月1日より販売を開始した。

今回、「220iカブリオレ」に、新開発の2.0リットル直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載。ツインスクロールターボチャージャーに、高精度ダイレクトインジェクションシステム、無段階可変バルブコントロールシステムのバルブトロニックなど、最新技術を採用し、最高出力184ps、最大トルク270Nmを発揮する。

また同時に優れた環境性能も併せ持ち、15.8km/リットルの低燃費(JC08モード)を実現。「平成27年度燃費基準+10%」および「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」を達成し、エコカー減税対象モデルとして、自動車取得税が40%、重量税が25%減税される。

価格は535万円から576万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 2.0リットル直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジン
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ